HOME >  ゴムボートで釣りの安全対策 >  安全のため持って行く備品

安全のため持って行く備品

重要! 命を守る必携アイテム

NEW管理人おすすめのゴムボートショップ比較

<<携帯電話&防水カバー>>

遠出しない限り、海の上でも携帯電話は十分繋がります。

いざという時の緊急連絡に使うためにも必ず携帯電話を携行するようにしましょう。

最近のタイプは防水加工がされているものも多いとは思いますが、

それだけでは絶対不十分。
管理人の場合はジップロックに携帯電話と空気を多めに入れて、

万が一海ポチャしたり、転覆したとしても浮き上がるように工夫をしています。
<<救命胴衣>>

近年では水上警察や海上保安庁による巡視が強化され、

安全遵守義務が守られているか厳しく取り締まりされているようです。

ゴムボートは免許がいりませんが、安全遵守義務は守らなければなりません。

法的ルールが無いゴムボートでも、ルールは守りましょう。
救命胴衣の着用は安全のための必須アイテム。

安いもので2,000円程度からあるので、

ゴムボート購入と合わせて揃えておくようにしましょう。

万が一の際に役立つアイテム

<<予備の燃料>>

ホームセンターで売っているガソリンの予備タンクは持っていて損はありません。

ちょっとスペースも取りますし、うざったい存在ではあるものの、

あくまで緊急用のためと割り切りって

手頃な2リットルのものを常にゴムボート内に乗せています。

初期装備のポリタンクと、購入した予備タンクへの補給は

ガソリンスタンドでするのですが、セルフスタンドでの補給はできません。

スタッフのいるスタンドで入れてもらうようにしましょう。
<<係船用ロープ>>

桟橋や堤防などに係留するためのロープは絶対積んでおきましょう。

救命や救難といったケースも想定されるため、

釣り士の責任として携行しておきましょう。

アンカリングに必要なアイテム

<<フラッグ>>

大きめのスポーツタオル程度の大きさがあれば十分、

周囲の船にここに「ゴムボートが浮いてますよ」とアピールできれば良いのです。

私の場合は自作のロッドホルダーに白いバスタオルを

1.5メートル程度掲げているだけですが、

これだけでも十分とのことです。
ゴムボートは常に座った状態ですから、簡単に波に隠れてしまいます。

少し沖に出てアンカリングをする際には、しっかりと対策を取りましょう。
<<マッシュルームアンカー>>

トゲのあるアンカーはゴムボートを傷つける危険性があるのでNG。

マッシュルーム型で突起の無いアンカーが市販されています。

アンカーロープは20メートルから30メートルぐらいあれば十分です。