HOME >  ゴムボートでの釣果報告 >  お手軽シロギス

お手軽シロギス

片テンビン&ジャリメで手広く構える

捕ったどー東京湾から相模湾にかけて広く生息しているシロギス。
投げ釣りの定番ですが大物を狙うとなるとなかなか難しいものです。
以前は砂浜から投げ釣りでチャレンジした事もありますが、
投げるのが下手でお隣さんにご迷惑をかけたりと散々でした・・・(´_`;)
しかも100mなんて絶対届かない・・・。

しかし!そんな僕でも
ボートからなら楽々キスが狙えます。

10匹程度で砂地を周遊しているため、ボートからの投げ釣りが基本。
あまり、魚影が濃いところだと小物クラスが群れているだけのことが多いとの情報もあり、
あえて魚探を使わずにチャレンジしているのですが、20センチクラスが多いですね。

先ほども書いたように群れでやってくる魚ですから、
バレた時でもスグにチャンスがあるので、
急いでリールを巻き上げてしまうのはもったいないです。
次のアタリが来ないかしばらく待つのがいいでしょうね。

シロギス狙いで出会える外道たち

今回の釣果で持ち帰ったのはシロギス10匹、外道5匹といった具合。
外道はカワハギやメゴチ、ハゼ、キュウセン
と豊富な魚種でした。
食べれる魚が多いのでシロギス釣りはハズレが無くていいですね。

シロギス釣り:夕飯定番メニュー

キス天シロギスは天ぷらが我が家の定番。
身がホクホクの天ぷらは最高です!
外道のメゴチ・ハゼ・キュウセンも一緒に天ぷらにしちゃいます。

カワハギを持ち帰ったら肝和えに!
カワハギのさばき方は意外なほど簡単。
頭を落とし、背側に包丁入れて引っ張れば肝が付いてきます。あとは皮を剥ぐだけ。
後は3枚におろして、肝は叩いて醤油と合わせたり、
ネギと合わせたり使い方はお好みでどうぞ。

★更新しました★newオススメゴムボート販売店ランキング